Artist

小野崎孝輔
作曲家、編曲家、指揮者、伴奏者として活躍。小椋佳の初期作品やペギー葉山の作品等を手がける。20年にわたりヤマハ世界歌謡祭の音楽監督と指揮を務めたほか、読売日本交響楽団新日本フィルハーモニー交響楽団九州交響楽団とのコンサートや、昭和のNHK番組「音楽の花ひらく」「音楽は世界をめぐる」他クラシック音楽を世に広める番組で編曲及び指揮。福岡市民芸術祭’92「世界のうた」’95「ときめく愛のうた」の指揮、編曲を担当するなど、幅広い分野で活動している。omposers & Arrangersサミット プロデューサー。また、吹奏楽の分野では初期のNew Sounds In Brassシリーズの編曲も手掛けている。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK76

 

八木正生
戦後、築地の「クラブ・リオ」、米軍立川基地などで演奏。武満徹・渡辺貞夫らとともに日本のジャズ創世記に活躍。1960年代から東映の映画音楽をメインに作曲を手がけていたが、1976年の千葉真一主演映画『脱走遊戯』では、自らのベースであるジャズのみで映画音楽を制作した。
あしたのジョーの主題歌の作曲は有名である。作詞は寺山修司、歌は尾藤イサオが担当した。他にデューク・エイセスの1970年代中盤から作・編曲 コンサートの音楽監督としても携わったことでも知られている。サザンオールスターズの楽曲にアレンジャーとして1980年から1985年の間に参加し、彼らの音楽観にも影響を与えた。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK76

 

大谷幸
ダンガン・ブラザース・バンドのキーボード担当としてデビュー。バンド活動の他、真田広之、沢田聖子、時任三郎等への楽曲提供、編曲などを手がける。
その後、独立しサザンオールスターズ、DREAMS COME TRUE、井上陽水、河口恭吾などのサポート、ポップス、劇伴音楽の作曲家、プロデューサーとして活動している。クラシック、ロック、ジャズなど幅広いジャンルの音楽を手掛けている。TVドラマ版の『夜逃げ屋本舗』の最終回では「夜逃げ屋」シリーズのBGM以外に『ポポロクロイス物語』や「平成ガメラ」シリーズなどの大谷幸担当のBGMも流用されていた。
2006年3月ゲームのサントラを担当した『ワンダと巨像(Shadow of the Colossus)』が、アメリカで世界中のゲームのアカデミー賞ともいうべき GDC ベスト・ゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK90

 

大森盛太郎
NHK「世界の音楽」「あなたの作曲した歌」などの編曲、劇音楽の作曲を担当。映画作品では特に井上梅次監督・石原裕次郎主演で渡辺プロをモデルに戦後のジャズ界を描いた32年の「嵐を呼ぶ男」で知られ、井上監督作詞、自身作曲による同名の主題歌も大ヒットした。
他にも山田耕筰作曲の「赤とんぼ」「この道」を主題とした“童謡映画”や、島耕二、松林宗恵、内川清一郎らの監督作品に多く参加しており、島監督の「幻の馬」「残菊物語」「有楽町で逢いましょう」「細雪」「情熱の詩人啄木」、井上監督の「嵐を呼ぶ友情」「銀座っ子物語」、松林監督の「青春ジャズ娘」、内川監督の「暴力の王者」、野口晴康監督の「大巨獣ガッパ」などをはじめ、200本を超える作品を手がけた。(コトバンクより抜粋。続きを読む

CINK93

 

團伊玖磨
日本を代表するクラシック音楽の作曲家の一人である。作曲家としてはオペラ、交響曲、歌曲などのいわゆるクラシック音楽のほか、童謡、映画音楽、放送音楽と幅広いジャンルの作曲を手がけた。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK93

 

越部信義
おもに、NHKの子供向けテレビ番組『おかあさんといっしょ』の中で歌われる曲やアニメソング等を作曲。特に『おかあさんといっしょ』で1982年4月から10年半放送された人形劇『にこにこぷん』では、開始から終了まで2000話以上ある同作全ての劇中音楽を担当した。「おもちゃのチャチャチャ」で日本レコード大賞童謡賞、「上海バンスキング」で日本アカデミー賞音楽賞優秀賞を受賞。テレビアニメ「パーマン」「マッハGoGoGo」の主題歌を作曲し、「サザエさん」の音楽なども手掛けた。
また、串田和美主宰のオンシアター自由劇場(1970年結成)の舞台音楽を1972年から1996年の解散まで勤め上げた。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK1003CINK1004

 

伊部晴美

CINK62

 

小杉太一郎
当初は獣医師を志望し、東京府立第十五中学を経て麻布獣医専門学校(現 麻布大学)に進んだが、1949年、東京音楽学校作曲科に入学。池内友次郎に対位法と和声学を、伊福部昭に作曲と管弦楽法を学ぶ。1952年、「六つの管楽器の為のコンチェルト」で第21回毎日音楽コンクール室内楽作曲部門第1位入賞を果たす。 東京音楽学校との方針の違いから辞任した伊福部を追って中退、多くの門下生と共に伊福部のアシスタントを務める。その後独立、1955年に映画『血槍富士』の音楽を手掛けて以降、映像作品に楽曲を提供した。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK97

 

三保敬太郎
鮎川義介の懐刀で満州重工業開発理事や日本コロムビア社長などを歴任した三保幹太郎の息子。高校時代から、ピアニストの守安祥太郎に師事し、在学中の1950年に「クール・ノーツ」でプロデビュー。慶應義塾大学卒業後は、トミー・パーマー・オーケストラなどでピアニストとして活動。1959年4月、前田憲男、山屋清と「モダンジャズ3人の会」を結成。 (Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK39

 

芥川也寸志
代表作に『交響三章』『交響管弦楽のための音楽』『弦楽のための三楽章』などが挙げられる。また映画音楽・放送音楽の分野でも『八甲田山』『八つ墓村(野村芳太郎監督)』『赤穂浪士のテーマ』などが知られるとともに、童謡『小鳥の歌』『こおろぎ』等の作曲者としても知られる。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK78CINK14

 

池野成
東京音楽学校に入学後、伊福部昭に師事。1954年の映画『ゴジラ』の音楽で伊福部昭のアシスタントを務めた。1956年の映画『稼ぐ日』で映画音楽を手がけたのに始まり、1960年代には映画音楽を中心に活躍した。座頭市シリーズの音楽を担当したことで知られ、手がけた映画は150本近くに及ぶ。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK40

 

石井歓
武蔵野音楽大学本科ピアノ科を卒業後、池内友次郎に師事。1952年、西ドイツに留学し、ミュンヘン国立音楽大学作曲科・指揮科を修了。カール・オルフに師事して強い影響を受ける。帰国後、桐朋学園大学で作曲科主任教授他を務め、その後、各地の学校で要職を務め、指揮者としても活躍した。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK72-4

 

伊福部昭
日本を代表する作曲家の一人。ほぼ独学で作曲家となった。日本の音楽らしさを追求した民族主義的な力強さが特徴の数多くのオーケストラ曲のほか、『ゴジラ』を初めとする映画音楽の作曲家として、また音楽教育者としても知られる。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK58
CINK56
CINK51
CINK37
CINK33
CINK32
CINK27

 

奥村一
東京音楽学校本科作曲科を1947年に卒業、同研究科を1949年に修了。成田為三、橋本国彦、細川碧、信時潔、伊福部昭らに作曲を、永井進にピアノを師事。1950年代から1960年代には多くの映画音楽を手がけた。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK1

 

鏑木創
1950年代から1990年代にかけて、アクション、スリラー、喜劇、ポルノといった大衆的な娯楽映画や2時間ドラマのサスペンス物などに音楽を数多く提供。代表作としては、1961年に発表された石原裕次郎と牧村旬子のデュエット曲「銀座の恋の物語」と、テレビ朝日系列の2時間ドラマ枠「土曜ワイド劇場」の名物シリーズだった『江戸川乱歩の美女シリーズ』の歴代のテーマ曲が挙げられる。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK70
CINK49
CINK30
CINK15

 

菊池俊輔
1961年に映画『八人目の敵』で劇伴デビュー。『八人目の敵』の監督である佐藤肇は『怪談せむし男』『海底大戦争』『黄金バット』でも菊池を起用した。その後、『昭和残侠伝シリーズ』『子守唄シリーズ』『兄弟仁義シリーズ』『ガメラシリーズ』『女囚さそりシリーズ』『女必殺拳シリーズ』『けんか空手シリーズ』など多数の映画音楽を担当し、1973年には『女囚さそりシリーズ』の主題歌「怨み節」がヒット。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK80
CINK48
CINK31
CINK9

 

久米大作
キーボーディスト、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。日本大学芸術学部在学中にプリズム1stアルバム発表、活動を始める。その後ザ・スクェア(現:T-SQUARE)経て、現在は作曲家、編曲家として活動。当初はジャズ・フュージョンの分野で活躍していたミュージシャンであったが、近年はミュージシャンとしての活動に加えて、作曲家・プロデューサーとして舞台、映画、コマーシャルなどの音楽を広く手がけている。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK46

 

佐藤勝
国立音楽大学にて音楽を学び、岡本敏明に師事。卒業後は映画音楽家を志して作曲家の早坂文雄の門下に入る。早坂の死去により未完となった黒澤明監督作品『生きものの記録』の音楽を遺稿をもとに完成させ、それ以来黒澤作品の常連作曲家となる。他にも石原裕次郎主演作品、東宝特撮SF作品、五社英雄監督作品など、日本映画を代表する数々の映画音楽を手がけた。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK63
CINK50
CINK23
CINK22
CINK21
CINK20
CINK13
CINK12
CINK11
CINK10

 

佐橋俊彦
ミュージカル『聖闘士星矢』の音楽を和田薫と共作し、そこから次々とアニメ音楽を依頼されていくことになる。現在でもクラシックからロックなどジャンルを問わず、映画、テレビドラマ、アニメーション、特撮、ミュージカルなど幅広い分野で音楽や主題歌・挿入歌の作曲や編曲を手がけている。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK24

 

鈴木キサブロー
作曲家、ギタリスト。作詞家・岡本おさみの推薦で作曲家デビュー。アニメ・特撮作品の主題歌からJ-POP、歌謡曲に至るまで、幅広いジャンルの曲を作曲している。 Keith Brownという別名義を使う事もある。1986年には、中森明菜に提供した「DESIRE -情熱-」が第28回日本レコード大賞を受賞。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK85

 

谷村新司
シンガーソングライター、タレント、作詞家、作曲家。1971年「アリス」結成。1975年の「今はもうだれも」のヒットを契機に「チャンピオン」等のヒット曲を連発。1978年には日本人アーティストとして初めて日本武道館3日間公演を成功させる。アリスの活動と並行して、ソロ活動も開始。1981年にはシングル「群青」が東宝映画『連合艦隊』の主題歌となる。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK65

 

玉木宏樹
作曲家、指揮者、ヴァイオリン演奏家。別名、多摩 零。1965年、東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。在学中から演奏家としての活動を開始。また、山本直純に作曲と指揮を学んだ。卒業後、山本直純の事務所に所属して映像作品の音楽を手伝うようになる。著書やCDを通じて純正律の普及に努めた。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK81

 

津島利章
日大3年生の折に作曲した『管弦四重奏』が、毎日音楽コンクールで入賞。1961年、フジテレビの『宮本武蔵』で注目を浴び、 1964年の『三匹の侍』で東映京都のプロデューサーの目に留まり、誘いを受けて映画音楽家となる。以後様々な映画やテレビドラマの音楽を担当している。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK95
CINK60
CINK53

 

戸塚修
作曲家、編曲家、キーボーディスト。映像作品の音楽を手掛ける他、歌謡曲の編曲も数多く行っている。池毅との共作も多い。テレビアニメ等のBGMも数多く手がける。近藤真彦の「愚か者」で第29回日本レコード大賞編曲賞受賞(1987年)。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK85

 

冨田勲
大学在学中に作曲家として活動を始め、ラジオ番組、テレビ番組、映画など多くの作品で音楽を担当。1969年にモーグ・シンセサイザーに出会ったことが転機となり、以降は古典的名曲を現代的な解釈を加えてシンセサイザーによって演奏して発表する活動が中心となった。その音響効果をも含めた音楽は「トミタ・サウンド」と呼ばれ、広く世界に知られている。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK74

 

服部克久
作曲家の服部良一の長男。パリ国立高等音楽院へ留学後、テレビ放送の創成期より活動を始め、テレビ、ラジオ番組、ドラマ、アニメ、映画の音楽を数多く担当。1971年には、「花のメルヘン」で第13回日本レコード大賞編曲賞を受賞。1983年よりインストゥルメンタル集「音楽畑」シリーズをスタート。日本レコード大賞企画賞を2回受賞した。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK65
CINK59

 

福田裕彦
1981年、斎藤英夫らとのバンド「YOU」でメジャーデビュー。以降、スタジオプレイヤーとして1000曲を超えるレコーディングに参加。1990年、アレンジを担当した小泉今日子の「見逃してくれよ!」がビクターヒット賞を受賞。以降は主に作編曲家として活動。数多くの作編曲を手がける一方で放送作家、コラムニスト、コミック原作者、作詞家としても活動を展開。 (Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK81

 

冬木透
蒔田尚昊(まいたしょうこう)は、日本の作曲家。別名、冬木透(ふゆきとおる)。合唱曲、特に児童合唱のための作・編曲が多い。また、宗教曲も書いている。映画・テレビの音楽を担当する際は、冬木透の名前を使っている。この分野では、『ウルトラセブン』に始まるウルトラシリーズや、NHKの連続テレビ小説『鳩子の海』などが知られている。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK34
CINK81

 

bôa
イギリスのロックバンド。1993年にドラマーのエド・ハーテンが中心となって結成された。代表作は「Duvet」。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK77

 

マグネ・フルホルメン
ノルウェーのオスロ出身のミュージシャン、ビジュアル・アーティスト。バンドa-haのキーボーディスト/ギタリスト。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK19
CINK18

 

真鍋理一郎
作曲を池内友次郎に師事し、その後池野成の仲介により伊福部昭に師事。イタリアにて映画音楽をAngelo Francesco Lavagninoに師事。1956年から1979年にかけて手がけたSF映画、ホラー映画、怪獣映画、社会派映画、ドキュメンタリーの音楽で高い評価を得ている。特に初期の大島渚監督とはコンビが続いた。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK7

 

黛敏郎
戦後のクラシック音楽、現代音楽界を代表する音楽家の一人として知られる。また、東京藝術大学作曲科講師として後進の育成にもあたった。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK16

 

宮内國郎
服部正、入野義朗、斎藤一郎などの指導を受けながら、作曲家としての修業を積む傍ら、フリーの立場でアレンジを中心に、民放ラジオ局ニッポン放送関係の仕事に従事。ニッポン放送での仕事を皮切りに、映画やテレビ番組の音楽を担当するようになる。1966年にTBSで放映が決まった『ウルトラQ』、引き続いて『ウルトラマン』の音楽を担当し、初期ウルトラシリーズのイメージ作りに、音楽面で大きく貢献した。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK34
CINK17

 

山下毅雄
大学在学中に作曲を始め、ラジオ放送で賞を獲得し、その才能を発揮する。主としてラジオ、テレビドラマ、アニメ、CMの音楽を数多く作曲し、『七人の刑事』の主題歌で1962年第4回日本レコード大賞新人作曲賞を受賞した。他の代表作には『プレイガール』、『大岡越前』、『佐武と市捕物控』、『ルパン三世』、『クイズタイムショック』、『霊感ヤマカン第六感』、『パネルクイズ アタック25』などがある。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK34

 

山本直純
作曲家、指揮者。東京都の出身。作曲家の山本正美は妻、作曲家の山本純ノ介は長男、チェリストの山本祐ノ介は二男。父は作曲家で指揮者の山本直忠、弟はパーカッション奏者の山本直喜、ファゴット奏者の山本直親も弟という音楽一家である。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK47
CINK3
CINK81

 

渡辺宙明
「ちゅうめい」はペンネームであり、本名の読みは「わたなべ みちあき」。1956年に『人形佐七捕物帳 妖艶六死美人』(新東宝)で初めて映画音楽を手がける。1950年代後半から1960年代にかけては、新東宝の作品を出発点に多数の映画音楽を作曲。1970年代には特撮やアニメの人気番組の音楽を担当し、ブラスバンドを主体とする特徴ある音楽を子供たちに印象付けた。(Wikipediaより抜粋。続きを読む

CINK40